SearchWP Live Searchのカスタマイズ、かつ表示を変更。 上の方に固定しました。

SearchWP Live Searchのカスタマイズ、かつ表示を変更。
上の方に固定しました。

 

 

bashでPinが無いときにWakeUpOnLanのマジックパケットを送るようにしました。

スクリプトを自動実行するようにしました。

 

ローカルにあるサーバーにローカルからアクセスしてポートによってリダイレクトするxinetd

hostsファイルだとポートの指定ができないのでUbuntu16にxinetdを入れてポートフォワーディングで別PCにリダイレクトします。

参考
http://poppycompass.hatenablog.jp/entry/2015/09/24/225047

とりあえずインストール
sudo apt-get install xinetd

設定方法参考。
http://web.mit.edu/rhel-doc/4/RH-DOCS/rhel-rg-ja-4/s1-tcpwrappers-xinetd-config.html

インストール後サービス起動。設定ファイルを編集後リスタートなど。

service xinetd start
service xinetd stop
service xinetd restart

service xinetd status
● xinetd.service – LSB: Starts or stops the xinetd daemon.
Loaded: loaded (/etc/init.d/xinetd; bad; vendor preset: enabled)
Active: active (running) since 金 2020-03-27 10:24:44 JST; 1h 3min ago

プロセスツリーでxinetd経由でサービスの稼働が確認可能だけど、今回はリダイレクトだけ。
pstree -p

sudo vi /etc/hosts
の確認。

参考。設定ファイルを作ります。
http://blog.kourin.org/blog/?p=126
service unlistedで作ることになります。

# http://192.168.xxx.xx:—–
service unlisted
{
disable = no
type = UNLISTED
socket_type = stream
wait = no
protocol = tcp
user = root
port = —–
# bind = 192.168.xxx.xx
redirect = 192.168.xxx.xx —–
}

xx = IPアドレス
—- = ポート番号

redirect
—–引用――――――――
TCP サービスの他ホストへの転送を指定する。 このポートへの接続を xinetd が受け取ったら、プロセスを起動し、 指定されたホストのポート番号への接続を確立し、 二つのホストの間ですべてのデータを転送する。 このオプションは、内部マシンが外界から見えない場合に有用である。 書式は redirect = (IPアドレス) (ポート) である。 IP アドレスの代わりにホスト名を使うこともできる。 ホスト名検索は xinetd が起動した時の一回のみ行われ、 最初に返された IP アドレスが xinetd が再起動されるまで使われる。 このオプションが指定された場合には “server” 属性は必要ではない。 “server” 属性が指定されても、こちらの属性の方が優先される。
—–引用――ここまで――――――

ping -c3 192.168.xxx.xx

でサーバーがが上がっていることを確認。

http://localhost:—–

でアクセスして、ダイレクトできていることを確認。

 

 

 

Podsync取得したときのメモ

https://github.com/mxpv/podsync

基本的にはこちらの内容の通り。

youtube-dl  が入っていなかったのでインストール

だけど詰まった所をメモしておきます。

config.toml

の部分だけれど、チャネルのURLをそのまま””の中にコピーすればよさそうです。

FeedのURLだとエラーになりました。

https://www.youtube.com/channel/xxxxxxxxxxxxx

みたいにすればよさそうです。

https://www.youtube.com/feed/subscriptions
ここから

左側の、登録チャンネル⇒ 右側の、管理⇒でチャンネルを取得したところのURLです。

Docker をインストール
https://qiita.com/mogamin3/items/f9483aad5153957fc6dc

バイナリはなかったし、Dockerというコンテナの中で動かす方がよほど簡単そうだったので、Ubuntu16にインストールしました。

ソースファイルを落としたけど落とす必要なかったです。

上のURLのコマンドをほぼそのままです。
最後の起動だけ、

sudo docker run \
-p 8088:8088 \
-v $(pwd)/data:/app/data/ \
-v $(pwd)/config.toml:/app/config.toml \
mxpv/podsync:latest

という感じで、8080をすでに使っていたので、8088にしました。

http://localhost:8088/

でアクセスできるようになっているようです。

デフォルトで現在mp4ファイルが落とされている所です。
mp3、音声だけにするかもしれません。ファイルサイズの節約のために。

後一応、YouTube Data Api v3 のAPIキーを使う事になります。

多分無料の範囲内で使えるはず。

https://console.developers.google.com/apis/api/youtube.googleapis.com/credentials?

 

追記:2020-03-25

config.toml
変更。

[server]
port = 8088
hostname = “http://domain.com:8088”
data_dir = “/app/data” # Don’t change if you run podsync via docker

つまりhostnameを追加しました。
これがないとlocalhostになってしまって、他のマシンからダウンロードできないからです。

あとhttpsじゃなくてhttpにしました。まあOKということで。

結局Win10にSoftetherをインストールしたらすんなりDHCP取れるようになりました。

一時的に2つSoftetherが入っていたことになりますが、Linux版を消しました。

そういえばこれってポートとかわざわざ開けなくてもルーターでポートフォワーディングとかしなくてもつながるんでしたね。すごいものだなと。

と言うのはdockerを入れたらDHCPでIPが取れなくなっていろいろやったけどLinux版では何故かうまく行きませんでした。

と言うか今までTapデバイスで接続していたんですが、それを物理でバイスenp2s0とかをSoftetherのローカルブリッジに指定するとDHCPでIPが取れました。

しかしLinuxのセキュリティ上の理由?で接続中のUbuntuにつながらないわけです。

で、やったこととしてはUSB接続の無線Lanアダプタをさしてみてそれをブリッジ接続のデバイスに指定したりもしました。

同じ物理でバイスだし違いはない気がしたのですが、この無線Lanカードに対してブリッジ接続にしてもしなくてもやっぱり何故かDHCPでIPが取れなかったので、Windows版を別のマシンに入れたところです。

ちなみに仮想DHCPサーバーを使うとIPは取れました。Softetherに付属のやつですが、確かにこれでホストマシンとのアクセスはできたのですが、今度はそのほかのローカルマシンとのアクセスができませんでした。

多分、2つ同時に接続して、1つはLinuxの物理Lanカードに接続、ルーターのDHCPからIPを取得。

もう一つはTapデバイスに接続、SoftetherのDHCPから取得ってやればつながるのかもしれないと思いはしました。が、それやるならWindows10にSoftether入れた方が良いかなと。

クライアントマシン側のネットワークの設定で固定IPで振ってやると確かにTapデバイスに接続してホスト側とは通信可能なんですけどね。そのほかのリモートにあるマシンとの接続ができませんでした。

どうもDHCPの動作の事が分かっていないせいとは思いますが、まあ、Winsows使えばいいかと。

 

 

 

dockerをインストールしたらSoftetherがIPアドレスを取得できなくなったので

繋がりはしたのですが、DHCPでIPアドレスが取れないようです。

管理マネージャでどうなっているかを見てみると、

つまり、LANカードのところにdocker0があるのが今までと違うところ。

しかし、ブリッジ先はvlanになっているから繋がっていいと思うのだけど。

とりあえず物理的な既存のLanとのブリッジに変更してLANカードをvbr0にしたらつながりはしました。DHCPでIPアドレスは取れることを確認しました。

しかしこのマシン自体との通信ができなくなりました。

 

https://ja.softether.org/4-docs/1-manual/3/3.6#3.6.9_tap_.E3.83.87.E3.83.90.E3.82.A4.E3.82.B9.E3.81.AE.E4.BD.BF.E7.94.A8

―――――引用ーーーーーーーーー
3.6.9 tap デバイスの使用
Linux 版 VPN Server / VPN Bridge を使用している場合は、ローカルブリッジ先のネットワークデバイスとして、既存の物理的な LAN カードを指定するのではなく、新しい「tap デバイス」を作成して、その tap デバイスに対してブリッジ処理を行うことが可能です。

―――――引用ここまでーーーーーーーーー

TAP(Terminal Access Point) は、イーサネットデバイスをシミュレートし、データリンク層を操作できる。

とのこと

http://usicolog.nomaki.jp/engineering/raspberryPi/raspberryPi_VPN.html

―――――引用ーーーーーーーーー

物理的な依存のLANカードとしてeth0を選択することも可能ですが、これを選択すると、SoftEther VPN Serverをインストールしたラズパイ自身にアクセスすることはできません(Linuxの制限)。

―――――引用ーここまでーーーーーーーー

つまりタップデバイスを作ることで、マシン自信にアクセス可能にするということですよね。

 

 

vlanあるよね。tap_vlanある。
なぜこれでDHCPが取れないのか分からない所。

ここにある図解がTabデバイスについてわかりやすい。

いまいちわからないので継続調査中です。

物理的なLANカードとして docker0が認識されているという事は、こいつもvbr0とかでブリッジしてやらないといけないとか??

いまいちよく分からないところ。enp2s0がvbr0にブリッジされているんだからと。

 

https://shareable.house/a/2016/01/26/32/

———-引用——————
これでOK。vpnserver を再起動したあとは必ず brctl addif br0 tap_vlan するようにしないといけない

———-引用–ここまで—————-

 

 

podsyncがWebサービスとして使えなくなったようなのでCLIバージョンを使うしかなさそう

YouTubeをPodcastアプリで観られるようにしてみた
https://sacalyo.hatenablog.com/entry/2019/12/05/214752

こちらの情報を使おうと思いましたがアクセスするとGithubにリダイレクトされました。

https://github.com/mxpv/podsync

調べたら終了していました。
https://twitter.com/pod_sync/status/1235738882651475970

そりゃあYOUTUBEからしたらPodcastにされたら広告配信できないからブロックするんでしょうね。

――――引用ーーーーー
I’ve switched to a command line version,

――――参考ーここまでーーーー
ということで、CLIバージョンにすればよさそうです。

――――引用ーーーーー
Hey everyone. Youtube has blocked all API keys that Podsync uses. I plan to shut it down on March 7.
So if you haven’t switched to CLI version, it’s a good time to do so.
――――参考ーここまでーーーー

API Keyをブロックされてはアクセスできないのは当然なのですが、RSSフィード絵を配信しているのは今でもYOUTUBEではつかえるわけです。

なので、小規模に細々と自前でやる分には可能なんでしょう。

 

 

 

確定申告の確定申告電子データ送信で試したことまとめ

去年と同じようにマイナンバーのカードリーダーで認証しようとしたけれど読み込めない状態でした。

結論はこのノートパソコンにカードリーダーが付いていて、そちらから読み込んで申告しました。

参考にしたのは以下です。というか、気づかずにカードリーダーを新たに買ってしまいました。

MSG0030E022
このエラーメッセージの対応も、内臓カードリーダーを使えば解決だし、今までの外付けカードリーダー自体が必要ないことになったので、買っていきなり手放すことにしました。

SonyのRC-S380が買ってしまった非接触型リーダー

で、去年とか使ったのがシャープのRW-5100 になります。

 

 

シャープのRW-5100がWindows10で読み込めなかったので、SONY RC-S380を購入。

シャープの公式サイトhttps://bbs.kakaku.com/bbs/K0000002836/SortID=19787828/

――――引用ーーーーーー
マイナンバー制度により交付される個人番号カードでは、ご利用になれません。
Windows10ではご利用になれません。
――――引用ここまでーーーーーー

Windows 8 用のドライバーを手動インストールで使えるという情報アリ。

https://jp.sharp/support/iccrw/

しかし、

―――――引用ーーーーーーーーーー

ICカードリーダライタの使い方に関するご相談窓口および、修理サービスの終了により、ソフトウェアのサポートを終了させていただきました。 そのため、2018年9月28日をもちまして、ダウンロードのページを削除いたしました。

―――――引用ここまでーーーーーーーーーー

オイオイ

RW-5100
http://jimu.blog/archives/3922157.html
RW5100V1.0.1.0_B_win8.1.zip:2.89MB

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12209009322?fr=que_list_rss

https://www.tdb.co.jp/typeA/support/03_10.html

という事でドライバはインストールしたのだけど、やっぱり動作しなかった。

ちなみに、残してあるWin7に接続すると正常につながることを確認。

しかしWin10で使えないと確定申告し支障がある。

 

よってSONY RC-S380購入手続きしたところ。

 

getduration

 

ffprobe -version

プログラム ‘ffprobe’ はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます:
sudo apt install ffmpeg