Ubuntu16.04 バックアップdd UUID変えて起動まで

バックアップの自動化前のテスト。とりあえずディスクコピーで

参考にしたのは以下

Linux;ハードディスクのクローンを作成する

# fdisk -l
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 512 bytes

のようだから、

dd if=/dev/sda of=/dev/sdb bs=512 conv=noerror,sync

進行状況表示
killall -USR1 dd

167772032+0 レコード出力
85899280384 bytes (86 GB, 80 GiB) copied, 3978.22 s, 21.6 MB/s

こんな感じでコピーが完了する。

blkid
でUUIDを調べると、同じUUIDになっている。ディスクコピーだから当然か。

/sbin/tune2fs -l /dev/sdb1 | grep UUID

/sbin/tune2fs -U /usr/bin/uuidgen /dev/sdb1

UUIDの確認と変更。

mount /dev/sdb1 /mnt/sdb1
ディスクをマウントして、

/etc/fstabと/boot/grub/grub.cfgを変更する。

viでのコマンドは
:%s/置換対象文字列/置換後文字列/g

こんな感じでコピー、繋ぎ変え、起動まではできた。

 

freedns.afraid Freenom virtualbox テスト用DDNSドメイン設定

テスト用サーバーにつなぐDDNSをもう一つ別で用意するためこちらを使う事にしました。
https://freedns.afraid.org/

日本語での説明はこちらを参考にしました。
https://pc.casey.jp/archives/153896818

https://freedns.afraid.org/faq/
Broken checkingでドメインが30日?壊れた状態だと自動削除されるようです。

こちらで確認可能。
http://freedns.afraid.org/domain/
Broken
Active

Shared Stateは公開しないPrivateに。
公開して良いことは思い当たらないから。

Freenomのネームサーバーの設定を以下に。
NS1.AFRAID.ORG
NS2.AFRAID.ORG
NS3.AFRAID.ORG
NS4.AFRAID.ORG

設定するドメインは
mydomain.cf

でアクセスは普通出来たけどアップデートクライアントが結構動かなかった。

Virtualbox自体はwindows10がホストマシンなので、Windowsのクライアントを使う事にしました。

これが動かない。対応バージョンが古い?
http://www.techknowpro.com/freedns/

それで、これだけ正常に動きました。Update Client
http://smr.dekalbal.com/Download.php

自動起動にして自動でタスクトレイに収まって目立たないようになってくれる。

Freenomドメイン設定など メモ

今まではIPアドレスの更新にLinux版のDiceを使っていたのだけど、サービスの対応が以下のようです。

DDNSのリスト。こちらを参考にしました。
http://www.kooss.com/ddns/

このうち独自ドメインに対応しているのが、

==============

Dynu:対応

ZoneEdit:対応
https://easydns.com/blog/

MyDNS:対応:今使っているやつ
http://www.mydns.jp/

FreeDNS afraid:対応してないかもだけど多分IP更新ツールがあるっぽい
https://freedns.afraid.org/

あとレコードに関して、対応非対応があるようで、こちらの解説を読みました。
https://hp-shizuoka.jp/column/2016/10/7515/

==========

 

それでDynuをつかって新規で登録してみました。
GoogleIDと連動しました。一応。

LinuxのDice、WindowsのDiceでも更新できませんでした。

スクリプトを手動で直せばたぶんできそうなことも調べたら可能そうでしたが面倒なのでWindows Clientで更新することに。
https://www.dynu.com/DynamicDNS/IPUpdateClient/WindowsClient

二分ごとにチェックしてIPが変更していたら更新してくれるようです。

 

これをやっておかないとVirturalboxの方につながらなかったです。Win10側でポートフォワーディングしました。
ただ、これはテストのVirtualBoxにつなぐ時だけですが。

Let’s Encryptで証明書作成。

/opt/lampp/etc/extra/httpd-ssl.conf
修正しました。
参考にしたのはこちら。
https://hacknote.jp/archives/51043/

ーーーーーーーーーーー

 

Let’s Encryptのリニューアル見直すことにしました。参考は以下です。
https://qiita.com/tkykmw/items/9b6ba55bb2a6a5d90963

要はLet’s Encrypt のrenewの方で複数証明書に対して、30日以内に有効期限が切れそうなやつを更新してくれるみたい。

renewcert.sh をCronで動かすことにしました。

Virtualbox内のサーバーにLet’sEncript再設定。

Let’s Encriptの更新が効かなかったようで有効期限が切れていた。

原因はwin10の設定が間違っていたため、外部からVirtualBox内のサーバーにアクセスできなかったからだった。

先ず更新スクリプトが効かない状態。
php /opt/lampp/htdocs/letsencrypt/renewcert.php

なので再度作り直す
sudo certbot-auto certonly –webroot -w /opt/lampp/htdocs -d test.mydomain.tk –email mymailaddr@gmail.com

これが通らない。理由は外部からアクセスできないからだった。

ここからWin10の設定
以下を参考

 

確認はこちらから到着できた。
https://www.cman.jp/network/support/port.html

win10 ファイアウォールの設定は変更しなくてよかった。もともと設定していたから。
https://pc-karuma.net/windows-10-firewall-open-port/

あとはCronの設定で起動時に更新確認するようにした。

 

Freenomのドメインが期限切れになってしまった。金払って更新。

更新手続き、ネームサーバーの設定をして再び使えるようになったんだけど、有料になってしまいました。年間10ドルくらいです。

対して使っていなかったドメインなので無料のやつを取得しなおして設定しようとも考えたのですが、手間がかかるので更新しました。

更新手続き 今度は忘れないようにこちらからです。
https://my.freenom.com/domains.php?a=renewals

Registration Date:
01/10/2018
Expiry date:
01/10/2020

Registration Date:
06/04/2018
Expiry date:
06/04/2020

しかしこの表記だと月なのか日付なのかよくわからなかったからミスったという部分もあります。

というか、手持ちのクレジットカードが一度通らなくてキャンセルしたんですが、やっぱりフリーじゃなかったです。

Please note that if you cancel your domain, everyone can re-register the domain again. Thank you for using Freenom.

ネームサーバーの設定
http://zorba.hatenablog.com/entry/automated-cryptocurrency-trading-by-gekko-on-google-cloud-platform-02

ns0.mydns.jp
ns1.mydns.jp
ns2.mydns.jp

をせってい。というか、別のフリーで取得してやり直す可能性もあるかなと。

だって、別に有料にする意味が無いからね。

 

 

mount error(115): Operation now in progress

 

 

mount error(115): Operation now in progress
Refer to the mount.cifs(8) manual page (e.g. man mount.cifs)
mount //dir faield!
mount error: could not resolve address for servername: Unknown error
mount //dir faield!

明らかにルータを変え事が原因で発生している現象。

FlashairのSDカードに電源が入って勝手に電源が落ちてネットワークから切断されたら起こる。

こちらのファーウェイルーター、もともとはBuffaloのルーター

そして、今までつながっていたマシンが切断されるなり何らかのネットワークの変更があるとエラーが出なくなる感じ。

 

今は正常でエラーメッセージは出ない。

再現性ああるのだろうか。ルーターのバグ?

今は正常につながっているから再現できていない。

また同様の原書が起きたときにネットワークにつなぎなおしてテストしてみるかもしれない。
参考はこちらかなと。
http://blog.grandaria.com/?p=41

 

 

apt-get install vim vim-nox

vi に色を付けるだけ

こちらを参考
https://linux.just4fun.biz/?Ubuntu/ubuntu%E3%81%AEvi%E3%81%A7%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95

apt-get install vim vim-nox

下だけだけど、標準のviよりも大分使いやすくなった。

Ubuntu16

 

Poderosa Terminal ⇒ RLogin 右クリックコピーのエラーのため

 

Poderosa Terminalでこのエラーのため使うターミナルを変更しました。
でもコピー出来て要るっぽいんだよね。
しかしいちいちメッセージボックスが邪魔

こちらを参考に、
https://qiita.com/murachi1208/items/d6e4ce7ba75f1625fe51

RLoginを使っています。右クリックからコピー可能なことを確認。タブも今まで通り可能。