「wp:block」で検索して今までテストで使っていた再利用ブロックを通常ブロックに直す事にしました。

グーテンベルクの再利用ブロック機能は大変便利なのだけど、残念ながら記事の一覧検索で当たってくれないことが分かりました。

よって、「wp:block」で検索して今までテストで使っていた再利用ブロックを通常ブロックに直す事にしました。

将来的にはプラグインなりで検索できるようになってほしい所です。

グーテンベルグが便利だと思ったのはこの再利用ブロックがあるからなので。

/wp-admin/edit.php?post_type=wp_block

で再利用ブロック単位で検索できるのですが、この再利用ブロックがどこで使われているかが分かりづらいです。

後再利用可能ブロックのエリアを編集した後の更新ボタンを押すのを忘れがちでした。

グーテンベルグはまだまだこれから進化していくでしょうし、プラグインも良いのが見つかるかもしれないので、使いづけていくとは思いますが。

wp:block を通常のブロックに変換した後でもブロック一覧には残っているようでした。wp-admin/edit.php?post_type=wp_block

よって、再利用可能ブロックに追加するのは良いとして、その後に記事に再利用で追加した後は通常ブロックに直して編集っていう流れになるのかと思っていたのですが、やっぱり元の記事からも検索できなくなりそうなのでできないなと。

今の所。

いや、そうでもないな。
再利用可能ブロック側にどこからリンクされているかを書いておくというどうしようもない方法ならとりあえずどこから利用されているかが分かる。

あと、検索のときに同時に再利用可能ブロックも検索してくれるといい感じ。

//何時でも強制更新日時順に呼び出しを変更,再利用可能ブロックも検索
function my_sort_order_by_modifired ( $query ) {
// if ( $query->is_main_query() ) {
$query->set( 'order', 'DESC' );
$query->set( 'orderby', 'modified' );
$query->set( 'post_type', array( 'post', 'page', 'wp_block' ) );
// }
}
add_action( 'pre_get_posts', 'my_sort_order_by_modifired' );

よって、こんな感じのコードをfunction.phpに書き込んで運用してみようかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です