Let’s Encrypt certificate expiration notice for domain のメールが届いて、virtualboxのUbuntuの更新を行ったときのメモ

Let’s Encrypt certificate expiration notice for domain

Cronの設定を見ると、

#12時間おきに実行しているようです。rootのCronです。
0 */12 * * * php /opt/lampp/htdocs/letsencrypt/renewcert.php

という感じで、12時間おきの実行になっています。

それで、ターミナルから手動で実行してみると、以下のようなエラーになっていました。

php /opt/lampp/htdocs/letsencrypt/renewcert.php

以前も同じようなことがあって、PCをリカバリして設定が変わってしまっていたんですね。

Let’s encrypt からexpire 期限切れのメールが届いて対処。

参考は以下です。

【Windows】netshコマンドでTCP/IPのパラメータを設定する
https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1002/05/news097.html

 

コマンドプロンプトから、

この状態でも、以下のポート開放チェックテストすると、

https://www.cman.jp/network/support/go_port.cgi

ポート:443に到達できませんでした。となるので、

Windowsファイアウォールでポートを開放しました。

解放したのは80,443の受信です。

 

この状態で、ターミナルから、

php /opt/lampp/htdocs/letsencrypt/renewcert.php

 

で更新可能になりました。Let’s Encrypt